GRAND AUDITORIUM

CAG-100FW

¥80,000(税抜)

フィンガー・ピッカーにも人気の高いグランド・オーディトリアム・ボディのCAG-100FWが誕生です。
ダイヤモンド・インレイが輝く特徴的なヘッドストックを持ったネックはマホガニー、フィンガーボードにはローズウッドを採用した14フレット・ジョイントのモデルで、ゼマイティスならではフラワー・デザインのロゼッタを装飾したラウンド・サウンドホールとマスターシュ・ブリッジのオリジナル・デザインも魅力的なギターです。
しかし、その最大の特徴はボディ・マテリアルにあります。ボディ・トップは板材の時に真空状態で熱を加えることで余分な水分やミネラルを取り除いたソリッド・シトカ・スプルースを、サイドとバックにはサペリを採用しています。
このことで狂いの出にくい安定したボディ剛性を実現しました。
湿度や気温などの外部要因でサウンドが変化しやすいアコースティック・ギターにとって大きなアドバンテージです。

CAG-100FW

Shape
Grand Auditorium
Top
Solid Sitka Spruce
Back & Sides
Laminated Sapele
Bracing
Scalloped X
Neck
Mahogany
Nut Width
1 11/16" (43mm)
Fingerboard & Bridge
Rosewood
Fingerboard Radius
16" (406mm)
Nut & Saddle
Bone
Scale
25 1/2" (648mm)
Frets
19
Finish
Urethane
Body Length
19.881" (505mm)
Body Width (Upper)
11.653" (296mm)
Body Width (Lower)
15.866" (403mm)
Body Depth (Upper)
3.818" (97mm)
Body Depth (Lower)
4.645" (118mm)
Case
Gig bag
  • 1
  • 2
  • 3

1その形状から、英語で口ひげを意味する「マスターシュ」と命名されたブリッジ。

2フラワーをイメージしたサウンド・ホール周りのロゼッタ。

3マザー・オブ・パールのZロゴが入ったヘッドストック。