DREADNOUGHT

ハンドメイドギターのパイオニアであるトニー・ゼマイティスのギター制作の始まりは自身で弾くためのクラシック・ギターの製作から始まる。その後、友人のためのギターも製作をしていくなかで経験と技術を磨いていくことになった。様々な試行錯誤の中でハート型のサウンドホールや、マスターシュブリッジ、幾重にも重ねられた木象嵌などを始めとしたユニークなデザインと音響特性を併せ持つギターを生み出していきロンドンのブルース、フォークミュージックシーンにおいて注目を浴び、やがて世界的に広がっていった。
ドレッドノートはバランスのとれた豊かなサウンドが魅力であるが、ゼマイティス特有のハート形状のサウンドホールはデザイン面のみならず、口径の大型化によって、より一層の豊かなサウンドと、その広がりを与えている。